年齢とともに悪化する口臭を改善させる方法

口臭は一般的に、年齢とともにひどくなっていくものです。
なぜなら、口の中の環境が年をとるごとにどんどんとひどくなっていくからです。
日本人は成人の8割程度が歯周病に感染していると言われていますが、その歯周病を原因とする口臭を持っている人が非常に多くなるという特徴があります。
歯周ポケットに入って歯磨きをするだけでは取れないプラークが、悪臭を放ってしまうというわけです。
歯周病を治療することで、こうした嫌な臭いは随分と軽減させることができます。
歯周病は一般歯科と呼ばれる治療ジャンルになりますから、保険診療であって、日本全国ほとんどの歯科医院で行ってもらうことのできるものです。
ですから、口臭が気になってきたなら、それは歯周病のサインであると考えて、近くの歯医者さんに相談に行くといいでしょう。
歯医者さんでは臭いのチェックや予防、改善までひと通りのことはしてもらえます。
ときには歯周病ではなく虫歯が臭いを発しているケースもあるので、しっかり治療しましょう。

気になる口臭、肝臓のせいかも?

口臭に気をつけてオーラルケアをしている人は多いでしょう。
しかし、いくらケアをしても改善しない場合は肝機能の低下を疑ってみた方がいいかもしれません。
肝臓はアルコールや老廃物などの物質を分解する働きがありますが、肝機能が低下するとその働きも弱くなり、体内に不要な物質が残ってしまいます。
残った物質は悪臭の元となり、血液を通して肺に到達して口臭を発生させるのです。
このようなメカニズムによって発生した臭いは非常に臭く、排水溝のような臭いとも言われます。
肝臓は悪くなっても自覚症状がなかなか表れず、病気に気づきづらい臓器ですが、口臭を健康のバロメーターとすることで疾患に気づくことができるかもしれません。
病気にまでは至らなくても、肝臓に負担をかけすぎるとやはり機能は低下してしまいますから、普段の生活にも気をつけましょう。
暴飲暴食や不摂生は当然臓器に負担をかけます。
できる限り規則正しい生活を心がけて、内臓も息もきれいにしましょう。

2016/6/16 更新