アルコールで口臭が起こる理由とその対策

お酒を飲むと、口臭がきつくなる人も少なくないでしょう。
その原因の一つとして、口内が乾燥してしまうことが挙げられます。
アルコールの分解には、大量の水が必要とされるため、体全体が水分不足となってしまうからです。
唾液の量は減り、結果として口内で細菌が繁殖することになり、口臭の原因となります。
もう一つは、体内で吸収されたアルコールが肝臓で分解され、血流に乗って肺に運ばれて呼気となって排出されるものです。
肝臓が健康な人でも、最低24時間は血液中に残りますので長引くことになります。
これらの対策としては、まずしっかり水分を摂ることです。
少なくとも飲んだお酒と同量以上が必要ですので、こまめに摂取するようにしましょう。
こうすることで脱水症状を防ぐことができ、アルコールの分解を促進することができます。
また、そもそも飲みすぎないことも大切であり、口臭のみならず、二日酔いなど様々な身体症状を防ぐためにも、限度を知ってお酒と付き合うようにしたいものです。

口臭の簡単対策食事と歯磨き

口臭などの臭いの良し悪しは個人でわからない部分が多々あります。
一番は人からの指摘を受けてが一番わかりやすいですが、その症状上なかなか指摘を受けるといったことも皆無でしょう。
そのような場合はある程度の人のしぐさで判断する考察力が必要となります。
口臭でまず挙げられるのが歯のブラッシングがしっかりと行われていないことを指し、日ごろからのこまめなブラッシングが何よりといえます。
またブラッシングを怠ると口臭の原因となると同時に虫歯の原因ともなるのはいうまでもありません。
また食事が原因となる場合もあります。
特に刺激のあるものは胃腸に刺激を与えてその腐敗したガスが体に排出され原因となる場合が多々あります。
予防策としては野菜を中心としたヘルシーな食生活を送ることを意識しましょう。
また野菜を中心の食事は体に良い効果を与えて、ダイエット効果に大いに役立ちます。
長期スパンで継続することが何よりといえるでしょう。

注目サイト

2016/9/23 更新